スポンサーサイト

--/--/-- | trackback [ - ] | comment [ - ] | スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



≪≪ [ 入院13日目 ] サヨウナラー | [ 入院13日目 ] さすがなトリオ ≫≫




■ 経緯

2012年12月:ひどい腹痛と呼吸困難で総合病院の救急外来へ。入院。左卵巣が破裂していると言われる。転院。余命1ヶ月未満と診断される。破裂した卵巣の摘出手術後、左卵巣がん(類内膜腺がん)3c期と告知される。抗がん剤治療開始。

2013年01月:ヅラをかぶる。
2013年02月:「ヅラが飛びそうな強風のため」という理由で休もうとするも会社のボスに却下される。
2013年05月:抗がん剤治療終了。
2013年07月:子宮、右卵巣、リンパ節などの摘出手術。
2013年08月:再び抗がん剤治療開始。術後腹壁瘢痕ヘルニアの予兆。
2013年10月:抗がん剤治療終了。月1回の通院で経過観察へ。術後腹壁瘢痕ヘルニアと診断される。

2014年02月:術後腹壁瘢痕ヘルニア手術。
2014年04月:CTの結果を経て、すべての治療終了。
2014年10月:抗がん剤治療終了から1年経過し、通院が2ヶ月に1回となる。ヅラを脱ぐ。
2014年11月:健康診断で人生最重量を記録する。

[ 入院13日目 ] 手を貸せてないなんて言わせない

2017/08/07 | trackback [ 0 ] | comment [ 4 ] | がん告知まで


看護師の佐々木さんから、術後はナースステーション前の個室に移動することを教えてもらうと、母と話して少し落ちていたテンションが一気にMAXまであがった。
あたしの相部屋生活に不足していたのは〝平穏〟だった。
〝誰もあたしに話しかけるな!〟と思っているわけではないし、おせっかいなおばさんの過干渉だって、ある程度は覚悟している。
ただ、何の理由かわからないけれど他人に悪意をばら撒き続ける加藤さんのサンドバッグになるのはとことん面倒くさかったから、その煩わしさから解放されるという朗報は、これからの入院生活や手術や治療がすべてうまくいき、未来が開ける予感すらもたらした。



手術まであと30分だというところで、母が、「お腹が痛い」と言いだした。

「どんな痛み?」
「うーん。なんっていうんだろ。お腹の表面を切ったみたいな…」
「ん?」
「鋭利な刃物で…」

うん、それあたしね。いまから手術して、あたしがそうなるのね。

母は昔から、たとえばあたしが風邪をひくと、「私もなんだか具合悪い」と言って寝込み、風邪をひいたあたしに風邪薬を買いに行かせるような人だった。
ネガティブな事への耐性が異常になくて、呆れるのを通り越してつい笑ってしまうくらい分かりやすく変調をきたす。
つまり、とても手がかかる。

「この期に及んで面倒なこと言い出したね」
「だって」
「手術のあいだ、看護師さんに迷惑かけないでね」
「ほんとに痛いんだって」
「そう」
「ほんとだってば!」

本当だとか嘘だとか気のせいだとか、そのあたりは心底どうでもいい。
30分後に手術室に入る暫定卵巣がん患者のあたしにそれを言うんだ…と辟易しただけである。
〝要介護になるまでは、自分の身体も自分の心も自分自身でケアしろ〟というのが娘の基本スタンスなのだけれど、そうする意欲がまったく見られない母なので、うんざりしながら言ってみた。

かまいたちだね
「え?」
「かまいたち以外考えられない」
「信じてないでしょ!ほんとうに痛いんだってば!」
「うん。だから、かまいたちの痛いバージョン」
「かまいたち…」
「そう、かまいたち」

しばらくすると母は、「どれだけザックリやられたか、トイレで見てくるよ」と笑いながら言って病室を出て行った。
念のため書いておくと、あたしも母も、かまいたちのせいだと本気で思い込むほどにはオツムがお花畑ではない。たぶん。
〝痛い〟〝だいじょうぶ?〟〝うん…〟みたいな会話をするのが煩わしいので、あたしが話を少しだけ面白い方向に逸らし、母がそれに乗っかってくれただけだ。
あたしと母は、小さいことで正面衝突しないよう、日々こうしてお互い身をかわしながら暮らしている。



かまいたちに斬られた傷を見るべくトイレに行った母と入れ替わるように、病室に坂口先生がやってきた。
寝坊したことをつっこまれるだろうなあ…と思ってはいたけれど、話は変化球から始まった。

「おはよう」 ←嫌味
「こんにちは」 ←せめてもの抵抗
「スガ先生がね」
「はい?」
スガ先生が、『手術延期したほうがいいんじゃないですか』って言ってきてさー」
「え」
A先生も『そうですね』って言ってて」
「えー」
「だから俺、二人に言ったんだよ。『延期なんかしたら俺がMYKさんに怒られるから、手術しましょうよー』ってね」
「………」
「ね?怒るでしょう?」
「いいえ」
「いや、スガ先生でもA先生でもなく、俺だけが怒られるんだよ、きっと」
「怒りません」
「まあ、いまの話は半分冗談だけど」



冗談かよ。しかも半分かよ。 ※1週間ぶり2回目。



「本当は、MYKさんが何時までなら眠ってても大丈夫か、何時までに起きなかったら手術を延期するかっていう話をしてた時、『勝手に睡眠導入剤処方して寝かせたくせに起きたら手術延期ってどういうことだ!って叱られたらどうしよう』って、三人で言って笑ってただけ」



明るい職場でなによりです。



どこから突っ込もうかと考えあぐねているあたしをよそに、坂口先生は、冗談の続きみたいなトーンで続けた。



「今日の日を迎えられたのはMYKさんががんばったからで、僕らはほとんど手を貸せていなかったけど、ここからは僕らが頑張る番だから」



意外な言葉だった。
あたしに限っていえば、発症から今日までの13日間、〝お医者さんの手を借りていない〟〝手をかけられていない〟と感じたことは一度もなかった。
顔を見なくても、朝夕の回診でさほど会話をしなくても、あたしの目に触れない場所でお医者さんたちは、治療方針を決めるのはもちろんのこと、薬を処方したり、腹水を抜くことや行動範囲を制限したり徐々に広げたりと様々な判断をしているわけで、看護師さんの仕事の何割かだってお医者さんの指示で行われているだろう。
なのに〝ほとんど手を貸せていない〟という、本心なのか謙遜なのかはわからないけれど、そういう言葉がするっと出てくるということは、目に触れない仕事が患者に評価されていないと実感した経験があるからに違いない。
大変な職業だなあ、お医者さんって。



「今日までも十分お世話になってますけど、これからもよろしくお願いします」
「はい。出来ることは全部します」
「じゃあ先生」
「ん?なになに?」
「手術のついでに腹の脂肪を取っていただ……」
「はーい、他の病院の先生に頼んでねー」



あわよくば…的お願いは瞬殺だったし、心底感謝してるんだという想いが伝わったかどうかはわからないけれど、これからは折々に想いを伝えなくては。
先生たちが、〝ほとんど手を貸せてない〟なんて言わなくていいように。
思わなくていいように。



話を終えた坂口先生は、「じゃあ後ほど」と言うと病室から出ていこうとした。
が、ドア付近でくるりと振り返って、それはそれは嬉しそうに言った。



「手術室で音楽流せるんだけど、B'z襟裳岬にしたかった?」
「……」
「いらないよねー。聞いたらヤバイもんねー。じゃ、後でねー」



坂口、しつこい。



ブログ更新のモチベーションになっています。「読んだよ」とか「早く続きを書け!」とかの合図にクリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ  



Twitterやってます。ブログの更新情報(自動)に加え、かつて一世を風靡したレコーディング・ダイエット的効果を期待しつつ、その日の体重をつぶやいたりつぶやかなかったりします。現在59キロ。ウォーキングの成果…なのか?



関連記事



≪≪ [ 入院13日目 ] サヨウナラー | [ 入院13日目 ] さすがなトリオ ≫≫




■ 経緯

2012年12月:ひどい腹痛と呼吸困難で総合病院の救急外来へ。入院。左卵巣が破裂していると言われる。転院。余命1ヶ月未満と診断される。破裂した卵巣の摘出手術後、左卵巣がん(類内膜腺がん)3c期と告知される。抗がん剤治療開始。

2013年01月:ヅラをかぶる。
2013年02月:「ヅラが飛びそうな強風のため」という理由で休もうとするも会社のボスに却下される。
2013年05月:抗がん剤治療終了。
2013年07月:子宮、右卵巣、リンパ節などの摘出手術。
2013年08月:再び抗がん剤治療開始。術後腹壁瘢痕ヘルニアの予兆。
2013年10月:抗がん剤治療終了。月1回の通院で経過観察へ。術後腹壁瘢痕ヘルニアと診断される。

2014年02月:術後腹壁瘢痕ヘルニア手術。
2014年04月:CTの結果を経て、すべての治療終了。
2014年10月:抗がん剤治療終了から1年経過し、通院が2ヶ月に1回となる。ヅラを脱ぐ。
2014年11月:健康診断で人生最重量を記録する。

comment

: かなめ
おっと!不意をついた速攻更新(笑)

ありがとうございます、ワクワクしながら読みました♪
坂口先生、素敵です(笑)
MYKさんも優しいです

他人の好意も悪意もしっかり汲み取るMYKさんの「見る目」には、いつもスゴいなと感じています
そしてその表現(文章)力にも♪

今回は、
自分が入院してた頃の、先生方や看護師さん達の「優しさ」や「ユーモア」にどれだけ救われたか・・・
親近感を持って、そしてプロとして自分を見てくれている安心感にどれだけ勇気づけられたか、
なんだか今更ながら改めて思い出してジーンときました

いつもいつも、ブログを読みながら「あるある」「わかるぅ」ってのと、
「えー、そんなことが!?」って驚きと、
「そりゃアカン」とか「あぁ、なんていい話(ジーン)」とか・・
クスクス笑ったりじんわり涙ぐんだり・・感情を刺激されまくってます♪
お話の続きも気になるばかり(笑)
またの更新をお待ちしております♪
2017/08/09 Wed 11:37 URL
素早い更新嬉しいです! : ポテチ
更新ありがとうございます。

MYKさんはご自分で何度も性格が悪いと仰いますが、感謝の気持ちをきちんと伝える努力をされるような方が性格悪いとは思えませんよ。

お医者様が「手を貸せてない」という言葉を言うことに至るそれまでの彼らの仕事への評価にまで瞬時に思い至る優しさ、素敵です。
MYKさんのお母様に対する接し方も流石です。

私の身近にも居るんです、お母様のような人が。ですが私は人間が出来ていないのでつい、イライラしてしまうのです。あんたより大変な人が耐えてるのに、何でもないあんたが大変な人に余計に負担かけさせるって何?と。

まだまだMYKさんの心の境地には辿り着けません。私、修行しますね。

MYKさんがどんな治療の過程を経て、どんな気持ちで過ごしてきて今お元気に生活出来ていらっしゃるのか、とても興味深いです。

これからも無理しないで更新してくださいね。楽しみにお待ちしています。
2017/08/10 Thu 15:33 URL
おおっ! : ぴかはにゃ
驚くほどの早い更新にビックリ!
すっかり油断してました(笑)
この感じだと加藤さんが荒ぶったきつねそば事件の真相が解明されるのは5年後ぐらいかと思ってましたヽ(*´∀`)(地味に気になってるんです)

暑い日が続きますが体調には気をつけてMYKさんのペースで更新して下さい。楽しみに待っています。
2017/08/11 Fri 22:06 URL
: じゅん
こんにちは。

〝お医者さんの手を借りていない〟〝手をかけられていない〟と感じたことは一度もなかった。

の言葉にドキッとしました。
私は殆ど来てくれない担当医の先生に対して、“どうせ大勢いる患者の中の一人なだけだよね”とか皮肉れた考えしか出来てなかったので、少し反省してしまいました。見えない所でも動いて考えてくれてるんですよね(>_<)感謝の心...大事ですね(^_^ゞ
MYKさん素敵すぎです!
それにしても坂口先生とMYKさんの関係性が楽しくもあり羨ましくもありますd=(^o^)=b
2017/08/17 Thu 21:00 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。