[ 入院14日目 ] 予想外の訪問者、来たる

2018/08/30 | trackback [ 0 ] | comment [ 1 ] | がん告知まで


痛み止めの話を終えた看護師の佐藤さんに、フットポンプが暑くて仕方ないと話してみると、「脚を拭いてみましょうか」と言ってくれた。
やった……!やったーーー!
佐藤さんは、ナースステーションにタオルを取りに行ってすぐ戻ってくると、フットポンプを手際よく外し、絶妙な力加減で脚を拭いてくれた。
涼しいー!きもちいいー!
……が、その余韻に浸る隙もなく、またすぐにフットポンプを装着されてしまった。
でも平気!だってこの不快感も昼までの我慢!
午後イチに自立歩行ができるかどうか試してみて、歩けるようならフットポンプは外すって言ってたし!
歩けるようになったらトイレにも行けるから、導尿のカテーテルも抜いてもらえるはずだし!
あー、早く午後にならないかなー。
歩行訓練、午前中にしてくれないかなー。
ちゃんと歩けるといいなー。
入院以来初めて経験した〝心躍る朝〟だった。



朝の回診にやってきたのは、手術を執刀した坂口・スガペア。
笑顔のスガ先生を従えた坂口先生は、「本当は手術のあとで病室に来るつもりだったんだけど、急な手術が入っちゃって。来られなくてすみませんでした。ところで痛みはどう?」と訊いてきた。
手術した、おへその下あたりに手をあてながら、「痛みはさほど感じないです」と答えると、坂口先生は、「そこ以外は?」と言う。

「息を大きく吸うと肺のあたりが痛いのは昨日までと変わらないです」
「癒着してるのかもしれないなあ」
「癒着…」
「その痛み、なくなるまでちょっと時間かかるかもしれない」
「はあ」
「3ヶ月とか」
「ああ」
「半年とか」



ずいぶんざっくりした見立てだな。



だいぶ後になってわかったことだけれど、この痛みの原因は横隔膜の癒着によるもので、日が経つにつれて痛みは和らいだものの、くしゃみ・あくび・しゃっくりで横隔膜がキュっと動くと激痛が走るという状態は4ヶ月ほど続いた。
結果的に坂口先生の見立て通りだったのだけれど、このときはまだ、「経験上」という理由だけで悪性だと断言したA先生みたいに、唐突に癌治療の話をされそうで気が気じゃなかったから、閻魔帳を書いていなかったら見立て通りだったことすら忘れていたと思う。


その後、「本来ならば昨日のうちに説明したかったことなんだけど」と前置きした上で、昨日は開腹したものの、腹腔内の潰瘍と出血がひどくて破裂した左の卵巣の回収しかできなかったことを伝えられた。
やっぱりそうか。

「左の卵巣は、子宮と卵巣を繋いでる卵管に近いところに腫瘍ができてました。縁日で売ってる水の入ったヨーヨーあるでしょ。あれで言うと、水の入った風船の結び目のあたりに腫瘍ができてて、それが大きくなったから破裂した、と」
「なるほど」
「腫瘍自体は直径9センチぐらい。それが、風船を貫通するみたいに、卵巣の中だけじゃなく外にも突き出てる状態」
「はあ」
「昨日はその左の卵巣を腫瘍ごと取りました」
「はい」
「いまはそれがどういう種類の腫瘍なのかを検査をしているところ。結果が早く出るように急がせてるから」
「そうですか」
「左の卵巣を取ることしかできなかった理由は、さっきも言ったように、あちこちから出血してたから。手がつけられない。お腹の中は潰瘍と出血で真っ赤というよりは真っ黒で……」
「名実ともに腹黒だった、と」
「それ、オレが言いたかったのにー」



でしょうね。



「で、今後のことなんだけど。中長期的な話じゃなく今日からのこと」
「はい」
「まずは歩く」
「はい」
「それから食べる」
「はい」
「そして出す」
「ええ」
「以上です」
「以上……」
「大切なことなんだよ。検査結果が出るまでは、傷と体力の回復に努めてください」
「暇そう」
「そうでもない」
「はあ」
「明日図書館がくるよ」
「ん?」
「2週に1度、土曜日に移動図書館が来るんだよ。明日は来る日なの。だからまずは明日、1階に来る移動図書館まで歩いて行くことを目標にしようか」



なんていい提案!なんていい目標!(読書好きなので)
癌治療の話をされるんじゃないかと身構えて固くなっていた心が一気に緩み、モヤモヤした思いが吹き飛んだ。

あたしが「がんばります」と答えると、坂口先生とスガ先生はニッコリ笑い、ふたり揃って大きく頷いた。
コンビか。



お腹の手術痕を見せて回診が終わると、午後イチの歩行訓練までは自力で出来ることがない。
暇つぶしに閻魔帳を書いたり携帯をいじったり本をパラパラめくったりしていたけれど、どうにもこうにも落ち着かない。
そこでためしに目を瞑ってみたら急に眠気が襲ってきたので、点滴の交換で看護師さんが来た時以外はウトウトして過ごした。
そのうち母がやってきたので目が覚めたけれど、母から、いま一番ハマっている韓流ドラマのストーリーを延々聞かされているうちにまた猛烈な眠気に襲われて、〝ずっと喋ってていいからね。全然聞いてないけど。だって興味ないから〟と思いながら目を閉じた。
が、廊下から聞こえた足音が病室の入り口で止まったので、眠い目をこじ開けてみると、開けたままの扉とベッドの間にひかれたカーテンが揺れている。
誰?と思うより先に、病室にふわっと漂ったバラの香りでわかった。
ピンクのカーテンがさらに大きく揺れると、そこから、真っ赤な目をしたクマが顔を覗かせた。



(グスッ)……来ちゃった……(グスッ)



彼女の涙声を聞いて、眠気が一気に吹き飛んだ。



[ 次回更新は9/1の予定です ]



奇跡的に予告通りに更新できている不定期更新ブログへの応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ  



▶ クマといえばこの香り
L'OCCITANE ローズ ベルベットハンド&ネイルクリーム 30mL

商品詳細を見る


▶ 楽天市場はこちら

▶ 「お見舞いに行くから匂いのあるものつけてこなかったのにー。なんでー」と嘆いていたけれど、好きな香りだから仄かでも気づいたんだよ。



Twitterやってます。



関連記事



≪≪ [ 入院14日目 ] 完璧に始まる | [ 入院14日目 ] おい、お前ら ≫≫




■ 経緯

2012年12月:ひどい腹痛と呼吸困難で総合病院の救急外来へ。入院。左卵巣が破裂していると言われる。転院。余命1ヶ月未満と診断される。破裂した卵巣の摘出手術後、左卵巣がん(類内膜腺がん)3c期と告知される。抗がん剤治療開始。

2013年01月:ヅラをかぶる。
2013年02月:「ヅラが飛びそうな強風のため」という理由で休もうとするも会社のボスに却下される。
2013年05月:抗がん剤治療終了。
2013年07月:子宮、右卵巣、リンパ節などの摘出手術。
2013年08月:再び抗がん剤治療開始。術後腹壁瘢痕ヘルニアの予兆。
2013年10月:抗がん剤治療終了。月1回の通院で経過観察へ。術後腹壁瘢痕ヘルニアと診断される。

2014年02月:術後腹壁瘢痕ヘルニア手術。
2014年04月:CTの結果を経て、すべての治療終了。
2014年10月:抗がん剤治療終了から1年経過し、通院が2ヶ月に1回となる。ヅラを脱ぐ。
2014年11月:健康診断で人生最重量を記録する。

comment

: かなめ
クマ・・・・
惚れてまうやろー!!♥️
たった2度の登場で、なんかわかんないけど、ハートをわしづかみ(笑)
MYKさんの文面からクマさんに対する愛情が溢れてるから?
そう、MYKさんて誰に対しても、とっても愛情溢れてるのが読んでてわかる。
まぁ、毒舌ではあるけど(笑)

ちょっと思ってたのと違った展開。
これまた9/1が待ち遠しい♪
2018/08/30 Thu 07:08 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック