「救急車を呼ぶ」というハードル

2015/03/27 | trackback [ 0 ] | comment [ 0 ] | ニュースレビュー


「自分史上最悪の体調と精神状態で見ず知らずの相手に助けを求める」という行為は、医療従事者が思っているよりもずっとずっとずーっと勇気がいることだ。
迷いに迷ってようやく勇気を振り絞り助けを求めたにも関わらず、相手に冷たくされてしまったら、見放されたら……、いや、そこまでいかなくとも、〝 貴方の助けを求めています 〟 という意思が伝わらないだけで絶望を覚えることだってある。
あたしの場合、友人を夜間救急に連れて行った時の体験から、もしも最初にかけた病院に診療を断られていたらおそらく朝まで待ってしまっていただろう。

ただしあたしには強みもあった。
それは、ひとりじゃなかったことだ。
うちの親は大人の看病や介護をしたことがないので、入院中も、病人のニーズとは違う手出しばかりして大いに笑わせてくれたのだが、それでも、「どうしよう…」と言える相手がいるのといないのとでは全く違う。
娘(と言っても当時45歳)の異常を目の当たりにして動転しまくってはいたが、病院の夜間救急専用の電話番号を調べてくれたり、カバンを持ってくれたり、吐くとき用のビニール袋をスタンバってくれたりと、存在が本当に有り難かった。

にも関わらず、「救急車を呼びますか?」と訊かれて口ごもったのには理由がある。


2012年の夏、まだ健康だと思い込んでいた当時のこと。
前年の秋、山形大学に通っていたひとり暮らしの19歳の学生が下宿先で具合が悪くなり119番通報をした。
しかしなぜか救急車は出動せず、それから9日後、学生の家族から依頼を受けた大家が部屋を訪ねて死亡している学生を発見した、という事件をテレビで知った。


救急車が来ない?119番通報した大学生の重い死 / 産経ニュース
 ※上記リンクが見られない場合 → Web魚拓: 1 2 3 4 5 6 7 8



学生は119番通報の翌日に死亡したとみられ、死因は不明とされていたが、遺族は、「ウイルス性心筋炎で死亡した可能性が高い」と主張。
「救急車で運ばれていれば助かったはず」として、母親が山形市を相手取り損害賠償を求める民事訴訟を起こしたことから、事態が明るみになり、遺族側弁護士は、119番通報した際の学生と消防職員の会話の音声ファイルを入手し公開した。







冒頭はこの会話から始まる。

消防「119番山形消防です。火事ですか?救急ですか?」
学生「あー、ちょっと体調悪くて」
消防「救急車の要請ですか?
学生「はい


普通の感覚では、このあとに住所や症状などを訊かれて答えれば救急車が来てくれると思うのではないだろうか。
あたしもそう思った。
しかも、通報者は明らかに様子がおかしいのだ。

消防「救急車の向かう住所を教えてください」
学生「えーと、山形市小白川…(略)」
消防「小白川、はい」
学生「○○(番地)です」
消防「○○ですね」
学生「はい」
消防「えーと、一般住宅ですかね?アパートですか?」
学生「はい、そうです」
消防「アパートです?アパート?」
学生「はい」
消防「何号室ですか?
学生「えーと、○○(アパート名)です


その後も、名前を訊かれているのに年齢を答えたりなどして会話がスムーズに進まない。

学生「ずっと体調が悪くて……えーと、ふぅ……」
消防「歩けるの?」
学生「あー、動けると思います」
消防「自分で動けるの?」
学生「はい」
消防「あの、救急車じゃなくてタクシーとかで行きますか?
学生「あー、えーと、タクシーの番号が分かれば自分で行けると思います


このあと消防は、診てくれる病院の電話番号を教えるからとメモを取らせるも、タクシー会社の電話番号は教えることができないから104に電話して訊いて、タクシーで病院に行くように伝えた。
通話は消防の、「お大事にー」という言葉で終わっている。
しかし、学生がその後104や病院に電話をかけた形跡は、ない。



どうしようもなくなって119番通報をした。
呼吸は苦しいし、呂律が回らないせいで何度も相手に聞き返されて辛いけれど、頑張って答えた。
しかし、救急車を寄越してくれるはずの相手はなぜか、「タクシーで行きますか?」と訊いてきた。
どんな状態かと訊かれたので、呼吸が続かないなか必死で答えるが、それはあくまで相手が診療科を特定するためで、「大変そうだからやはり救急車を向かわせましょう」ということにはならなかった。
メモできるものを探してようやく病院の電話番号を書き留めるも、病院へ行くためのタクシーの電話番号は自分で調べて自分でまた電話をしなければならないのだ。
小さい子どもだって知っている119番に勇気を出して助けを求め、見知らぬ相手と6分半も会話を続けたが、「お大事にー」と電話を切られた。


学生はどれだけ疲弊しただろう。
どれだけ落胆しただろう。



「119番に電話しても絶対来てくれない」とは思っていない。
ただそれは、「瀕死の状態で119番しても、必ず救急車が来てくれるわけではない」と思うには十分なニュースで、幸か不幸か当時のあたしには、「救急車を呼ぶ」という高い高いハードルを越えるには気力も体力もなかったし、心のどこかに、命の危険にさらされていたひとり暮らしの19歳が呼んでも来てくれなかったくらいだ、実家暮らしの45歳が呼んだってますます来てくれないだろうという程度の諦めがあったことは否めない。
つまり、あたしが2012年11月30日の深夜に救急車を呼ばなかったのは、数ヶ月前に見たこのショッキングなニュースが記憶に深く深く刻まれていたからだった。



この訴訟が近々和解するとニュースで知った。


山形大生救急車訴訟、事実上の和解成立 山形市と遺族、解決金1500万円 / 山形新聞
 ※上記リンクが見られない場合 → Web魚拓



和解案に「謝罪」という言葉が入っていないことに敢えて言及している市長には何の期待もしない。
だが、せめて消防職員だけは、謝罪無き和解案を遺族が受け入れた意味を、19歳の学生の死や遺族の無念を、全身で受けとめて欲しい。



ブログ更新のモチベーションになっています。「読んだよ」とか「早く続きを書け」とかの合図にクリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ  


Twitterやってます。ブログの更新情報(自動)に加え、かつて一世を風靡したレコーディング・ダイエット的効果を期待しつつ、その日の体重をつぶやいたりつぶやかなかったりします。








スポンサーサイト





■ 経緯

2012年12月:ひどい腹痛と呼吸困難で総合病院の救急外来へ。入院。左卵巣が破裂していると言われる。転院。余命1ヶ月未満と診断される。破裂した卵巣の摘出手術後、左卵巣がん(類内膜腺がん)3c期と告知される。抗がん剤治療開始。

2013年01月:ヅラをかぶる。
2013年02月:「ヅラが飛びそうな強風のため」という理由で休もうとするも会社のボスに却下される。
2013年05月:抗がん剤治療終了。
2013年07月:子宮、右卵巣、リンパ節などの摘出手術。
2013年08月:再び抗がん剤治療開始。術後腹壁瘢痕ヘルニアの予兆。
2013年10月:抗がん剤治療終了。月1回の通院で経過観察へ。術後腹壁瘢痕ヘルニアと診断される。

2014年02月:術後腹壁瘢痕ヘルニア手術。
2014年04月:CTの結果を経て、すべての治療終了。
2014年10月:抗がん剤治療終了から1年経過し、通院が2ヶ月に1回となる。ヅラを脱ぐ。
2014年11月:健康診断で人生最重量を記録する。